Q&A

Q1.全くの初心者でも受けられるのですか?また年齢制限はあるのですか?
A1.当校はひとり一人のご希望を伺い、一番合ったコースをご案内させて頂いております。初心者の方は、基礎からしっかり学べるエステティック総合学科がお勧めです。また、義務教育を修了された方であれば、どなたでも受講できます。以前50歳代の方も入学し卒業されました。安心して入学いただけます。
Q2.エステティシャンの仕事に興味はありますが、どのようなことをするのですか?
A2.エステティシャンの仕事は、常に「美」と「癒し」を要求されます。まずは当校を見学し、当校直営のサロンでエステを体験すると、具体的な仕事を理解できると思います。また、先輩エステティシャンからの体験セミナーもありますので、質問してみるのもいいでしょう。
Q3.資格のメリットは?
A3.まずは、就職に有利だということ。そして、理論・技術共に、エステティシャンやメイクアップアーティストとして、自信を持って働くことができます。一生続けられる仕事なので、実務経験を重ねるごとに様々な検定試験を受け、さらなるレベルアップを図っていけるのもメリットでしょう。
Q4.受講料の支払は?
A4.沖縄銀行・琉球銀行・海邦銀行のフリーローンをご利用いただくか、現金一括払いでのお手続きになっております。
琉球銀行の『りゅうぎん教育ローン』
沖縄銀行の『おきぎんローン市場』
海邦銀行の『教育ローン』
※スルガ銀行『各種スクール授業料』
が窓口となります。
※ローンご希望の方は、Y`S学費相談窓口までお問合せくださいませ。
あなたにとって無理のない学費や支払い計画まで個別にアドバイスできます。
Q5.働きながらでも通うことはできますか?
A5.当校では働きながら通えるように、週1クラス・午前集中クラス・短期間クラス等、その人の都合に合わせてコースを選択し授業に取り組むことが可能です。
Q6.資格取得後も、いろいろな技術を身に付けたいのですが。
A6.更なるスキルアップを目指す方には、プロフェッショナルコースや短期集中講座を設けていますので、お気軽のお問い合わせください。
Q7.就職のサポートは?
A7.就職希望先へ提出するための履修証明書の発行・アドバイス・企業からの求人票を随時ご紹介致します。
Q8.美容学校ではヘアメイクの仕事に就けないって本当ですか?
A8.美容学校は基本的に美容師免許を取得するための予備校です。なので授業時間の大半を美容師免許取得に費やすのでヘアアレンジやメイクの練習時間が少なくなりヘアメイクにとって必要な技術が上達しないのです。このことをヘアメイク事務所や化粧品会社も知っているので、美容学校にはメイク関連の求人は寄せられないのです。
Q9.メイクとヘアは両方勉強した方が良いのですか?
A9.目標とされる職種にも異なってきますが、撮影関係やブライダルでは「ポップに」や「エレガントに」といったイメージからモデルや花嫁さんに対して、 ヘアセットやヘアアレンジといった技術が 必要とされますので、ヘアの勉強は必要となります。ビューティーアドバイザーだけを目指している方は、メイク科があります。まだ、いろいろメイク業界でも迷っている方は、就職の幅を広げるためにもヘアメイク科で学ぶことをお勧めします。
Q10.ほとんど化粧をした経験がないのですが、大丈夫でしょうか?
A10.メイクが全く初めての方でも、どのコースも卒業までにはプロとして活躍できる技術が身につくよう、メイク全般にわたる幅広いカリキュラムが組まれています。
Q11.本当に半年〜1年間のレッスンでプロになれるのですか?
A11.就職レベルの技術は1年で十分に身につきます。ヘアメイクは2年も3年も学校で学ぶことはありません。1年間集中的に学んだあとはなるべく早く仕事の現場に出て実践で経験を積むほうが格段に早く実力は身につきます。「授業料を払って学校で教えてもらうのは1年で終わらせ、その後はお給料をもらいながら現場で学ぶ」が正解です。
Q12.入学試験や入学条件はありますか?
A12.当校での選考方法は、学校説明会時に行います。内容は筆記試験ではなく、ご本人とお話をさせて頂き、当校での適性があると判断させていただいた方対象となります。
Q13.ヘアメイクって?
A13.映画やテレビ、雑誌などの撮影や各種イベントのステージで、出演者のメイクやヘアスタイリングを行うのがヘアメイクアーティスト。 単にきれいなだけのメイクではなく、モデルの個性や 魅力を引き出し、カメラマンやディレクターの意図や設定に合うように仕上げることが求められます。日常的に行われる一般メイクから、より美を追求したプロメイクや映画・ドラマで使われる特種メイクまで、扱うメイクの種類、技術は実にさまざま。自分の進みたい道にあった技術を習得することが大切です。
Q14.将来、自分でネイルサロン・エステサロンを経営したいのですが…?
A14.サロン開業は比較的簡単にできます。
資金としてはまず、お店の保証金と内装代、家具代、商品の仕入れ代くらいなので、どこの街にお店を出すかにもよりますが300万円程度から始められます。
またより低資金で独立するなら自宅をサロンにする、お客様の自宅に出張して施術するという方法なら資金¥50,000円〜¥150,000円ほどで独立することも可能です。
Q15.エステティシャンって?
A15.フェイシャルケアやスキンケア、脱毛、痩身などを通して、全身の美を演出するのがエステティシャン。仕事の幅が広いだけに、求められる知識や技術もさまざまです。現在、エステ業界は一兆円産業となり、女性にとって日常的で身近な存在になりました。最近では、ネイルアートやアロマセラピーなどの癒し系スキルもあわせて修得し、全身をトータルでケアするエステティシャンも目立ちます。
Q16.どんな人が向いてるの?
A16.他人の身体を扱う職業ですから、当然人体のしくみや皮膚科学や栄養学といった専門知識は必須となります。また、お客様の体調や生活の変化を的確に把握するためのコミュニケーション能力も必要不可欠。顧客のニーズに応えられるプロとしての技術を身に付け、相手の立場にたった思いやりのあるサービスができる人を美容業界は求めています。
Q17.エステティシャンはどんなところで活躍してるの?
A17.個人で独立・開業することもできますが、まずエステサロンなどに勤務して、実務経験や知識を磨いていく人がほとんどです。専門スクールや化粧品店、スポーツクラブなどもエステティシャンの活躍する場にあげられます。

資料請求

エステティシャンを目指す方へ

ヘアメイクアップアーティストを目指す方へ

ネイリストを目指す方へ

取得できる資格

よくあるご質問

企業の皆様へ

Y'Sのブログ

入学ガイド

Y'sプロデュースサロンブログ

Y'sスクール費用が月々1万円

友だち追加数

Y'sスクールfacebook

特定商取引に関する法律に基づく表示

プライバシーポリシー


site produced by Yuntaku.com